2006年03月26日

ネタが無いので……な事。(ぉ

どうも今晩は、夜勤明けで夕方寝たらそのまま早朝まで寝てしまったろっくです。
…うーん、以前ならもうちょっと無理が利いたんですが……あれですかね、もう年かorz(ぇ



まずは、このブログのカウンターが3000越えました!
更新微妙なのに毎日来てくれてる方々、感謝感激雨あられです!
これからも更新微妙ですが(マテ)、皆さんに楽しんで読んで貰える記事を書けるよう精進して行きたいと思いますので、これからも宜しくお願いします。


ところで皆さんは覇業の道の決勝大会のムービーが大会公式HPで公開されている事は既にご存知でしょうか?
まだ見ておられない方は是非見て下さい。お勧めはライブモニターからの実況付きの奴ですね。
凄く燃えます!(*゚∀゚)=3



そんな興奮も冷め遣らぬうちですが、4月の1、2日に今度は呉単大会があるそうですねー。
まあ自分は資金不足とかで出られそうにありませんが。・゚・(ノ∀`)・゚・。
まあ称号微妙だし良いか


そして何と5月には三国志大戦2が稼動開始とか言う噂。
まあ去年の稼動開始〜新カード追加〜の間隔を考えれば確かに丁度良い時期ではありますね。
後はシステム面がどの様に変更されてくるのか。
新規カードの追加具合は?
上位覇王の証や特別称号(大都督、五虎将等)の持越しはなるのか?
その辺が気になる所ではあります。
まあ実際に稼動してみるまでどうなるかは良く解りませんし……慌てて批判する事も無いだろうとは思いますが。



さてネタが尽きたので今日はこの辺で。
……あ、兵法速軍、意外とデッキによっては使えますねー。
かなりリスクは高いですが、奇襲効果は非常に高いです。
連環されると辛い暴虐デッキなどお使いの方は一度試して見ては如何でしょうか?きっと相手の連環が好きになれると思います(ぇ

それではまたー。
posted by ろっく at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

これぞ王者の戦いよ!な事。

どうも今晩は、今更ながら蒼天航路の文庫版を買い始めたろっくです。
いやーこの作品、横山三国志や三国志演義しか読んでなかった自分には驚きと燃えの感動の連続ですね本当に……呂布とか袁紹のような有名所だけでなく、鮑信や高順なんかのマイナー武将が格好良いのが凄く素敵。
早く全巻揃えたい所ですが、そうすると大戦費用が削られr(ry



そんな訳で、蒼天版袁紹の雄姿を見たら居ても立っても居られずに大戦しに行った自分が居たりしますw
今日のデッキはメインの袁他教え大爆進デッキ。そして兵法は最近何気にお気に入りの速軍……いや、ネタじゃないですよ?多分(ぁ


一戦目:呉バラ R太史慈 R孫堅 R赤壁周瑜 R呉国太 SR呉婦人 兵法連環


デッキの相性的にはまずまず。
序盤からワラワラと攻めて城壁を削り、相手の周瑜は張宝が掘り出す上々の滑り出し。
中盤以降、赤壁の大火を纏めて受けない様に分散して攻めたのが良かったらしく、相手は呉国太、呉婦人含めた天啓しか使ってこなかったのでこちらは落雷や弓、復活持ちの張り付きなどで被害を最小限に止め、逆に頭数の減った相手を攻めまくって9割ほど削り、結局判定勝ち。




二戦目:許チョイク亜種 R許チョ SRホウ徳 UC荀攸 R楽進 R荀イク 兵法再起


二度ほど大水計受けるが、こちらも落雷等で主力を落とし、後は回転率と頭数の差で判定勝利に持ち込む。
……終盤、相手の判断ミス(ホウ徳が単騎で城門攻め&特攻戦法で反計分の士気消費)に付け込んだのは秘密(ぇ




三戦目:呉他傾国名君 R周泰 SR孫堅 UC程普 SR貂蝉 SR呉婦人? 兵法連環


配置時、伏兵居ないのとデッキの構成上序盤に攻め立てる必要性があったので、全軍を横一列に並べる配置に変更。
この作戦がどんぴしゃで、相手は柵を片側に固めていた為、逆サイドを攻める動きに対応出来ず、序盤で九割がた城を削り取る事に成功!
攻城部隊が撤退した所で一旦残りの全軍引き、回復を待つ。

兵力を回復していると、相手が傾国の舞いを発動し、がちがちに防御を固めてくる。
ここで自軍を全軍出撃させ、真横に並べて進軍、中央ライン付近で教え→大爆進のコンボを発動!その直後に相手の兵法連環が叩かれます。



うん、確かに普通ならそれで防御しきれると思うよね。
……普通なら。




しかしカウンターで兵法速軍発動!連環の効果を完全に打ち消し、一気に進軍する我が軍。
相手も流石にこれには対応出来ず、効果が切れるまでにほぼ壊滅……まあ武力13やら11が押し寄せてくればねぇ(ノ∀`)

最後、周泰が意地を見せますが、水鏡先生が城を削りきって落城勝利!
デッキ構成、計略、兵法が噛みあった、良い感じの勝ち方が出来ましたヽ(゚∀゚)ノ


そしてこの討伐成功で久々の二品昇格!
カードの引きは微妙でしたが(ノ∀`)
posted by ろっく at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

近況報告とワラワラの戦術等の事。

どうも今晩は、10日もブログ放置してたろっくです今晩は。

何度か更新しようとは思ったのですが、ここの所仕事が終わるのが遅くてPCに向かう頃には眠気が到来してきたり……
これぞまさしく「ほっほ〜、おねむの時間じゃて」って感じですね!



うん、御免なさいマジでorz



さて、前回からの更新間隔の10日の間にも幾度か大戦をプレイしまして、どうにかメインは3品中盤程度には回復しました。……メインデッキの袁他大爆進は絶賛封印中ですが(ぉ

…あのデッキ、号令系相手ならそれなりに耐性あるんですが、赤壁周瑜や陸遜を有する呉バラに対してはかなり分が悪いんですよね。
一応先日対策として上げた劉表や沮授も投入してみたんですが,それだと最大士気9である部分や大爆進の持続時間の短さが問題になるんですよね……。



そんな事もあり、現在のメインは他軍ワラワラにシフトしてたりします。
デッキレシピは

C張任 UC公孫贊 C張梁 C刑道栄 C張宝 UC周倉(他) C劉表

総武力27 総知力28 柵1 伏1 魅2 勇1 活2
兵法:連環

7枚ワラとしてはスタンダートな構成だと思います。
どんなデッキにもある程度対応出来る柔軟性が利点ですが、爆発力が無いのがネックですね。
今回は、このデッキの立ち回りとかを書き綴ってみます。突っ込み所満載で無ければ良いのですが。(ぉ


○戦略

基本的な配置は


宝   表  任周刑
           梁
     公

こんな感じです。地形やデッキに応じてその都度柔軟に変更する必要はありますが。
刑道栄を張梁の前に配置しているのは伏兵、弓対策です。仮に刑道栄が速攻で落とされても復活持ちなので、他の攻城部隊が壊滅する頃には戦線復帰出来ますし、張梁には黄巾の群れがあるので、序盤戦が長引いた時などに粘って攻城を奪えることが多々あります。
ちなみに個人的な武将の生存させる優先度としては
劉表≧張宝・張任・公孫贊>張梁≧刑道栄・周倉(騎馬大目の時は周倉↑)
といった感じでしょうか。

序盤は張梁・刑道栄・周倉と張宝をそれぞれ左右端から進撃させ、張任・劉表の弓と公孫贊の突撃で支援。
攻城部隊の4隊は撤退前提で突っ込ませますが、なるべく支援に回る3部隊は撤退させない様に立ち回りましょう。仮に速攻で前衛が撤退しても、弓2体と騎馬の突撃があればそう簡単に城への大打撃は貰いません。
相手に騎馬が多い時は周倉で牽制する事を忘れずに。


中盤以降は落雷やウマシカを後方からちらつかせつつ、両端と城門に部隊を振り分けてなるべく局地戦に持ち込めるように立ち回ります。
号令・ダメ計持ちが居るようならウマシカ2度掛けで計略を潰したり、ウマシカ落雷で武将そのものを潰したり。


相手のデッキの内容によっては、自軍フィールドに敵軍をおびき寄せてから兵法連環→全軍で白馬陣なんてコンボも狙えたりしますが、滅多に使いません。(ぁ


士気は殆どウマシカと落雷につぎ込む事になるかと思います。次いで黄巾の群れ、稀に白馬陣、張任の強化戦法辺りを使う程度でしょうか。
特にウマシカ(2度掛け)は巷で大流行の呉バラに対して絶大な効果を発揮します。周瑜や陸遜は貧弱な坊やに成り下がりますし(ぁ)、対策カードのR大喬はそれほど見かけません。


こんな所かな……なんだかまとまりの無い文になってしまいましたが。
ともあれ、他軍ワラのポテンシャルはかなりの物があります。皆さんも一度使ってみたらいかが?
posted by ろっく at 02:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

これからを考える事。

どうも今晩は、どうやら親知らずが痛んできたらしいろっくです。
……けど、歯医者代が勿体無いような……(待



どう見ても三国志大戦中毒です。本当n(ry






さて。
バージョンアップが行われてから大分経ちました。
相対的にパワーアップした呉、涼、おまけで袁(ぁ)軍使いの方々はおめでとう御座います、といった所でしょうか。
反対にパワーダウン、若しくは壊滅的な被害を受けた許チョイク、于吉落雷等をメインに使ってられた方はご愁傷様でした。しかしいつまでも嘆いていても仕方ないので新しいデッキを考えて頑張って下さい。というかいつまでもぐだぐだ言うなと(ry


自分の場合は……バージョンアップの影響はほぼ無い形ですね。細かい点での変更は沢山あるものの、基本的な戦法を根本的に覆すような変更はありませんでしたし。
まあ影響の有りそうな点を列挙してみると

☆降雨・師の教え弱体化
☆大爆進効果範囲やや拡大
☆槍ワイパー弱体化
☆弓兵の攻城力低下
☆騎兵、槍兵の弱体化による弓兵、歩兵の相対的な強化

……結構ありますね(笑)
でもトータルで考えるとトントンかな、と。
寧ろ問題なのは暴虐、天啓などの英傑号令と天下無双・改、そして赤壁の大火なんですが……。
特に赤壁の大火は大問題ですね。教え受けても張梁や周倉辺りは瀕死、推挙大火などやられた日には教え中でも殆ど焼かれる始末。


一応対策としてUC沮授、C劉表、あとはR于吉辺りの投入がありますが、これを投入するとなると武力の関係上司馬徽との入れ替えになるため教え大爆進が使えなくなるという問題が。
難しい所ですね……。

皆さんは今流行のカードに対してどのような対策を採られていますか?良かったらご意見頂けると助かります。


最後に次回出撃時に使ってみようと思っているデッキを披露。


○魏他ワラワラデッキ

UC曹仁 C張任 C張梁 C張宝 C周倉(他) C蔡瑁 C劉表

一応暴虐と赤壁周瑜をメタって(?)組んでみました。
号令には蔡瑁の連環の小計、ダメ計にはウマシカで対応。
一応ウマシカ連環とかも出来たりしますが……微妙な感は拭えませんw
まあ、一度試してみます〜。
posted by ろっく at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。