2006年02月12日

店舗大会に出てみる事、の続き。

……続きは明日と書いておきながら結局大分間が空いてしまいましたが。
今晩は、ろっくです。
とりあえず今日の朝で夜勤終わったのでこれからはきっちり更新!
……出来ると良いなあorz(ぁ


さてそれでは早速前回の続きと参りましょうか。○決勝トーナメント・準決勝
相手はここまでずっと開幕落城デッキを使ってきたのでデッキ選択に迷ったが、相手の開幕連環に対抗出来る兵法が連環位しかまだ無い(現在IC2枚目で再起Lv7連環Lv4後はLv1)為、こちらも開幕の攻撃力を重視したデッキで勝負する事に。
……今思えば普通に神速デッキ辺りで後半に勝負を掛ければ良かったんじゃないか、と反省。

自軍:スネオ狩り覇王デッキ
R太史慈 R黄忠 R華雄 C張梁 UC他周倉
兵法:連環

相手:開幕落城
R太史慈 C丁奉 C朱桓 C張梁 C刑道栄 UC他周倉
兵法:連環

ここで座ったサテライトが1回戦、2回戦と同じである事に嫌な予感を覚えつつ(笑)、開戦。
地形は中央から右に掛けて大きな森が広がる地形。
自軍は中央に弓二人と華雄を置き、歩兵二人は城内待機。
敵軍は中央に弓3人、左端に張梁と周倉、右端に刑道栄。
開幕と同時に華雄を弓兵に突撃させると、接触寸前に相手が連環発動。こちらも連環を叩き、とりあえず華雄で弓を押さえつつ左に張梁、右に周倉を押さえに出撃させる。


バシャーン!


張梁VS張梁!


……(゚д゚)
……武力18勇猛VS武力6で失敗5出す台でどう勝てとorz
普通に負けましたorz

そして逆サイドでも周倉VS刑道栄!
こっちも負けて両サイドに張り付かれます。・゚・(ノ∀`)・゚・。


その後何とか相手を壊滅させますが、結局そこで半分以上城を削られ、その差を挽回する事叶わず判定負け。
……思えば序盤で連環を使う必要は無かったんですよね……。
まあそれ以前に一騎撃ちをどうにかしてくれと(ry


という訳で自分は優勝争いから早々に撤退し、3位決定戦に進む事に。
優勝の目がなくなったので後は試合を楽しもうとデッキを選択。

○3位決定戦

自軍:飛天神速
SR張遼 R夏侯惇 UC曹仁 R楽進 UC蔡文姫

相手:呉バランス
R周泰 R弓周瑜 UC呂蒙 UC程普 SR呉婦人

この試合で初めて計略ボタンがまともな台に座りました。・゚・(ノ∀`)・゚・
序盤、周瑜を姫で踏み、壁連突で槍2体と周瑜を撤退させますが、こちらも消耗が激しかったので仕切り直し。

兵力が回復した所で飛天の舞いを発動させると、周瑜が舞いを潰しに近付いてきたので曹仁を突っ込ませる。と、突撃が決まる直前に赤壁の大火!
曹仁は撤退しますが姫はミリ兵力残り、弓で止めを刺しに来た周瑜に張遼と楽進の突撃が決まり周瑜撤退。
ここで相手は槍2枚を中央から進軍させてきます……迎撃怖くて止めに行けません。・゚・(ノ∀`)・゚・。
仕方ないので敵城に張り付いて城壁を殴ります。
ここで姫が無敵槍で撤退。そのまま城壁と城門で攻城の構え。
ガリガリ城を削られてあわや落城かという勢いでしたが、復活した曹仁の神速戦法で2対を撤退させ難を逃れます。

その後、復活した姫に再び舞って貰い城壁を叩き続け、最後は連環の法から楽進が城門を叩いて落城!


という訳で何とか3位に入りました……2勝2敗なので激しく微妙ですが(ノ∀`)
まあもし次回また参加する事が出来たなら、その時は実力のみで決勝トーナメントに出られるようになっていたいものです。
posted by ろっく at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13045432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。