2006年03月18日

これぞ王者の戦いよ!な事。

どうも今晩は、今更ながら蒼天航路の文庫版を買い始めたろっくです。
いやーこの作品、横山三国志や三国志演義しか読んでなかった自分には驚きと燃えの感動の連続ですね本当に……呂布とか袁紹のような有名所だけでなく、鮑信や高順なんかのマイナー武将が格好良いのが凄く素敵。
早く全巻揃えたい所ですが、そうすると大戦費用が削られr(ry



そんな訳で、蒼天版袁紹の雄姿を見たら居ても立っても居られずに大戦しに行った自分が居たりしますw
今日のデッキはメインの袁他教え大爆進デッキ。そして兵法は最近何気にお気に入りの速軍……いや、ネタじゃないですよ?多分(ぁ


一戦目:呉バラ R太史慈 R孫堅 R赤壁周瑜 R呉国太 SR呉婦人 兵法連環


デッキの相性的にはまずまず。
序盤からワラワラと攻めて城壁を削り、相手の周瑜は張宝が掘り出す上々の滑り出し。
中盤以降、赤壁の大火を纏めて受けない様に分散して攻めたのが良かったらしく、相手は呉国太、呉婦人含めた天啓しか使ってこなかったのでこちらは落雷や弓、復活持ちの張り付きなどで被害を最小限に止め、逆に頭数の減った相手を攻めまくって9割ほど削り、結局判定勝ち。




二戦目:許チョイク亜種 R許チョ SRホウ徳 UC荀攸 R楽進 R荀イク 兵法再起


二度ほど大水計受けるが、こちらも落雷等で主力を落とし、後は回転率と頭数の差で判定勝利に持ち込む。
……終盤、相手の判断ミス(ホウ徳が単騎で城門攻め&特攻戦法で反計分の士気消費)に付け込んだのは秘密(ぇ




三戦目:呉他傾国名君 R周泰 SR孫堅 UC程普 SR貂蝉 SR呉婦人? 兵法連環


配置時、伏兵居ないのとデッキの構成上序盤に攻め立てる必要性があったので、全軍を横一列に並べる配置に変更。
この作戦がどんぴしゃで、相手は柵を片側に固めていた為、逆サイドを攻める動きに対応出来ず、序盤で九割がた城を削り取る事に成功!
攻城部隊が撤退した所で一旦残りの全軍引き、回復を待つ。

兵力を回復していると、相手が傾国の舞いを発動し、がちがちに防御を固めてくる。
ここで自軍を全軍出撃させ、真横に並べて進軍、中央ライン付近で教え→大爆進のコンボを発動!その直後に相手の兵法連環が叩かれます。



うん、確かに普通ならそれで防御しきれると思うよね。
……普通なら。




しかしカウンターで兵法速軍発動!連環の効果を完全に打ち消し、一気に進軍する我が軍。
相手も流石にこれには対応出来ず、効果が切れるまでにほぼ壊滅……まあ武力13やら11が押し寄せてくればねぇ(ノ∀`)

最後、周泰が意地を見せますが、水鏡先生が城を削りきって落城勝利!
デッキ構成、計略、兵法が噛みあった、良い感じの勝ち方が出来ましたヽ(゚∀゚)ノ


そしてこの討伐成功で久々の二品昇格!
カードの引きは微妙でしたが(ノ∀`)
posted by ろっく at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。