2005年08月03日

カード考察第二十回。

 それでは一週間振りのカード考察に参ります。
 今回の考察対象はUC黄月英と二種類の黄忠。

○黄月英(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:攻城兵 コスト:1.5
武力:3 知力:8 特技:魅力
計略:援軍 必要士気:6
効果:範囲内の味方の兵力を回復させる。

 蜀の攻城兵の中では最も高い能力値を誇ります。彼女を中心に置いて他の武将で牽制しつつ進軍、兵力が減ったら纏めて援軍で回復……といった使い方が理想的でしょうか。
 ただ他の二種の計略に比べてパンチ力に欠けるのも事実ではあります。あまり使用される事は無いでしょう。

○黄忠(R)
レアリティ:レア 兵種:弓兵 コスト:2
武力:8 知力:4 特技:なし
計略:零距離射撃 必要士気:4
効果:自身の武力が+6されるが極端に弓の射程が短くなる。

 蜀における最強の弓兵。まあ蜀には弓兵自体それ程多くは無いのですが。
 能力値だけならR太史慈と同じです……計略、特殊能力の部分では大きく負けますが。
 2色デッキなどよりは蜀単、特に2コスト4枚デッキ(大徳等)などでは有力な打撃力として動いてくれる事でしょう。

○黄忠(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:2
武力:7 知力:4 特技:勇猛
計略:不撓不屈 必要士気:6
効果:自身の武力を+5し、更に兵力を完全に回復する。

 こちらも中々に強力なアンコモン騎兵ヴァージョン。
 知力は低めですが勇猛持ちですし、何より兵力が完全に回復する計略が鬼のように強いです。低品位辺りならこの一枚のカードパワーだけで勝てたりも。
 ただ同じ2コストのR馬超と比べると競り合いで押し負ける辺りと計略の重さの辺りで若干評価は落ちるかもしれません。でも、決して弱いカードではないです。


 次回は沙摩柯、周倉(蜀)、SR諸葛亮を紹介します。
posted by ろっく at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

カード考察第十八回。

 今晩は、漸く部署移動の方も一段落してほっと一安心なろっくです。
 これで更新の方もしっかり出来る……と良いなあ。(ぉ)


 さて早速、おろそかになっていたカード更新の方に参りましょうか。
 今日の考察対象は関平、魏延、姜維の三人。

○関平
レアリティ:コモン 兵種:槍兵 コスト:1.5
武力:5 知力:4 特技:なし
計略:車輪戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4し、同時に全方向に槍の無敵攻撃を行う。

 蜀、魏バージョンのスターターにも入っている槍兵。
 特技こそありませんが能力値的には平均点、計略の車輪戦法は攻城時に突撃される危険性を無くせるためスターター封入カードとしてはそこそこ優秀です。
 ただ、ほぼ同能力で復活持ちのUC陳到が手に入ると途端に二軍送り……まあそれでもあらゆる点で上位バージョンのUC程普に負けるC蒋欽に比べればまだマシなのでしょうが……。

○魏延
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:6 知力:4 特技:なし
計略:反逆の狼煙 必要士気:4
効果:自身の武力が+10される。発動時、自軍の部隊どれかひとつが撤退する。撤退する部隊がいない場合は上昇しない。

 1.5コストで武力6という高いスペックを有するカード。
 計略は味方の主力を撤退させてしまう可能性がある非常にハイリスクなものですが、その分その破壊力はなかなかのもの。使い所を間違わなければ……。
 計略無しでも基本能力の高さで結構何とかしてくれるでしょう。

○姜維
レアリティ:レア 兵種:槍兵 コスト:2
武力:7 知力:7 特技:なし
計略:挑発 必要士気:3
効果:範囲内の敵を自分の方に引き寄せる。

 蜀レアのトップエース的存在のカード。
 蜀が槍メインの勢力である以上、弓兵メインの麻痺矢デッキなどは非常に相性が悪いものとなります。しかし彼が居れば挑発して射撃を抑えながら乱戦に持ち込むなど、その弱点を見事にカバーしてくれます。勿論騎兵の突撃を迎撃するのにも使えます。
 また特技こそありませんが基本能力が優れている為汎用性が非常に高く、伏兵探しから攻勢、防衛など様々な分野で活躍出来る事でしょう。

 今日の所は此処まで。次回は厳顔、呉懿、SR黄月英の紹介です。
posted by ろっく at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

カード考察第十七回。

 では久々のカード考察に行きたいと思います。今日はR、UC関羽と甘皇后。

○関羽(R)
レアリティ:レア 兵種:槍兵 コスト:3
武力:9 知力:7 特技:防柵、魅力
計略:車輪の大号令 必要士気:6
効果:範囲内の味方の槍兵の武力が+4され、全方向に槍の無敵攻撃を行う。

 各勢力に一人づつ居る3コスト武将の内、唯一のレアカード。(他は全てスーパーレア。)
 コストが非常に重い為、この武将をデッキに組み込むときは大抵彼の計略を軸にしてデッキを組む事になるかと思います。
 車輪の大号令は攻城時に使うと非常にいやらしい計略です。何せ騎兵の突撃が封じられてしまう上に普通に触れているだけでも兵力が削られてしまうのですから。ただ弓兵が増えた現状では槍兵がメインにならざるをえない車輪号令デッキはかなり厳しい感じではあるのですが。

○関羽(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:槍兵 コスト:2.5
武力:8 知力:6 特技:なし
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4する。

 蜀メインのスターターデッキに投入されているアンコモンバージョン。
 魏のUC夏侯惇、呉のUC甘寧もそうなのですが、スターターに入っている2.5コストUC武将はコストの関係上、他の高武力カードが手に入り次第スタメンから外れることが多いです。彼の場合はUC張飛辺りと交換する事が多いかと思います。

○甘皇后
レアリティ:コモン 兵種:歩兵 コスト:1
武力:1 知力:3 特技:魅力
計略:回復の舞い 必要士気:6
効果:自身が撤退するまでの間、味方の武将の兵力を徐々に回復し続ける。

 能力値だけで見ると全武将中下から数えてC劉璋と並んでの3番目(ちなみに最下位がUC劉禅で、2位はC裴元紹。)という驚きの低さ。まずまともに戦える能力ではないと解ります。
 ただ、計略の回復の舞いはかなり強力な回復力で味方をサポートします。攻城しつつ体力が回復し続ける様は相手からすれば悪夢以外の何物でもありませんし。
 彼女を使う点で一番の悩み所は、彼女をどう守るか、という所。知力が低いのでダメージ計略を受ければ即撤退、防柵張り巡らせても弓で撤退、などなど……意外と使い所が限られるカードだと思います。


さて次回の考察は関平、魏延、姜維の三人です。
posted by ろっく at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

カード考察第十六回。

 今晩は、前回プレイから4日しか経っていないのに既に禁断症状が出始めている感じのろっくです。
 早く給料日にならないものか……(´ヘ`;)


 さて今日からカード考察の方は蜀の武将へと考察の舞台を移します。初日の考察対象は伊籍、王平、夏侯月姫の三人です。

○伊籍
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:2 知力:6 特技:なし
計略:援軍 必要士気:6
効果:範囲内の味方の兵力を回復する。

 蜀では数少ない弓兵の一人。コスト1枠としては能力値は普通といった所でしょうか。
 計略の援軍は必要士気は若干大目ですが、勢力に関係なく範囲内の味方全てを回復出来るので使い所を見極めさえすれば……まああまり使われる所を見る事は無いのですが。それでも同じ計略を持つC呉懿よりはいくらか使いやすいかと思います。

○王平
レアリティ:コモン 兵種:槍兵 コスト:1.5
武力:5 知力:5 特技:防柵
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4する。

 蜀の1.5枠は非常に選択肢が多いのですが、防柵が必要なら彼を選ぶ事になるでしょう。
 能力値は平均的、計略もそれなり。主にUC甘皇后の護衛や呉蜀デッキ等で使われる事が多いのではないでしょうか。

○夏侯月姫
レアリティ:コモン 兵種:槍兵 コスト:1
武力:1 知力:7 特技:魅力
計略:落雷 必要士気:6
効果:範囲内の敵に3本の落雷をランダムで落とし、知力差ダメージを与える。

 蜀1コスト枠のダメージ計略使い。ぱんつはいてない人。(ぇー)
 同計略を扱うC張宝と比べると武力の面で劣りますが、あちらは歩兵でこちらは槍兵かつ魅力持ち。まあデッキ次第でしょう。
 主に資産の少ない序盤の5枚デッキの頃に大物退治用として重宝する事と思います。

 次回は関羽二種類と甘皇后を考察する事になります。
posted by ろっく at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

カード考察第十五回。

 今晩は、仕事の部署移動まで後6日のろっくです。
 ……しかし同じ日にまた別の部署に移る予定の同僚は今日も休み。仕事やる気有るのかと小一時間(略


 とまあ愚痴はこの位にして今日もカード考察に行きます。
 今日は満寵、李典、劉曄の三人。

○満寵
レアリティ:コモン 兵種:槍兵 コスト:1.5
武力:3 知力:7 特技:防柵
計略:連環の小計 必要士気:5
効果:範囲内の敵の移動速度を下げる。

 武力こそ3と低いですが魏では貴重な槍兵の一人。
 武力の低さは防柵である程度はカバー出来ますし、そこそこ知力が高いので計略もC蔡瑁に比べると使い勝手が良いかと思います。伏兵踏みもこなせるので、資産が無い内は選択肢の一つとなるでしょうか。

○李典
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:3 知力:7 特技:なし
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4する。

 敵将李典討ち取ったりー!(何)
 ……まあともかく。コスト1枠では張宝と並んで総能力値トップの人材です。
 その知力の高さを生かして序盤は伏兵掘り、中盤以降は地味に効いてくる武力3の弓でじわじわ敵将を削りつつ時には10カウント近く続く強化戦法で強烈な射撃を加えるなど、上手く使えばコスト以上の働きをしてくれます。

○劉曄
レアリティ:コモン 兵種:騎兵 コスト:1
武力:1 知力:6 特技:なし
計略:看破 必要士気:2
効果:敵の計略の発動を無効化する。

 反計カードその3。
 基本能力値はかなり低く、肝心の看破の射程もそう広くありませんが騎兵であるため移動力が高く、常に計略使いをマークして動けるのがポイント。
 神速デッキや神速の大攻勢との相性が良い為、騎馬中心のデッキにUC程イクの代わりに入れられる事があります。

 これで魏のカード全45枚の考察が終了しました。次回から蜀のカード考察に移りますが、その前に過去使っていたデッキなど回想しようかと思います。
posted by ろっく at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

カード考察第十四回。

 今晩は、昨日は記事書きながらそのまま寝落ちてしまったろっくです。
 ……寝落ちは良くないですね、本当に。チャットの時も何度やった事か……orz

 さて気を取り直して今日も考察に行きたいと思います。今日の考察対象は文聘、卞皇后、ホウ徳の3枚。

○文聘
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1.5
武力:5 知力:2 特技:防柵
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4する。

 1.5コストで武力5防柵持ちの弓兵ととりあえずスペック的には及第点ではないでしょうか。ただ知力が低い上に計略がイマイチなのであまりぱっとしない印象があるように思えます。下のUC卞皇后やUC蔡文姫等の舞い手を使う際に、武力の底上げしつつ柵を必要とする場合には使えるかと。

○卞皇后
レアリティ:アンコモン 兵種:歩兵 コスト:1
武力:1 知力:7 特技:なし
計略:鼓舞の舞い 必要士気:4
効果:自身が撤退するまで士気の上昇量が上がる。

 貴重な士気ブースト計略を持つ武将ではSR王異と彼女が居ますがどちらかというと彼女の方が扱い易いのではないでしょうか。
 自身のコストの軽さも手伝って魏単だけではなく複色の様々なデッキに組み込む事が出来ます。鼓舞の舞いのコストが4と少なめなのもポイント。

○ホウ徳
レアリティ:スーパーレア 兵種:騎兵 コスト:2
武力:8 知力:4 特技:勇猛
計略:特攻戦法 必要士気:4
効果:武力が+2され城攻撃力も上がるが、効果時間中は強制的に前進する。

 優秀2コスト騎兵が揃う魏軍の中でもトップクラスの戦闘力を持つのが彼。
 武力8勇猛が強いのは言うまでもありませんが、知力が4あるのもポイントの一つ。同じ2コスト武力8勇猛持ちのR馬超やR孫策は知力8の伏兵を踏むと兵力満タンでも一発撤退ですが彼ならギリギリ大丈夫。まあ伏兵が居る内から突出させない方が良いのは変わりませんが……。
 計略は若干使い辛いですが、基本能力でも結構押せる事に加え神速デッキ等ではこの計略での攻城の一発が勝負を決めたりするので意外と侮れません。

 次回は満寵、李典、劉曄の三人の考察となります。
posted by ろっく at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

カード考察第十三回。

 今日は、一日間を空けてしまいましたが何時もの様にカード考察を行いたいと思います。今日は程イクとR、UCの典偉です。

○程イク
レアリティ:アンコモン 兵種:槍兵 コスト:1
武力:1 知力:8 特技:伏兵
計略:反計 必要士気:2
効果:敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。

 以前は反計と言えばこれ、という感じで様々なデッキに投入されていたカード。
 Ver.アップに伴う反計の範囲減少によって以前ほど使われる事はなくなりましたが、それでも依然使用率は高く、今でも覇王デッキや一部の悲哀デッキ等で使われるのを見ることがあります。武力こそ低いですが、魏には貴重な槍兵であり、かつ伏兵も持ち合わせているので運用方法さえ間違わなければ今でも十分実用に足る一枚ではないでしょうか。

○典偉(R)
レアリティ:レア 兵種:槍兵 コスト:2.5
武力:9 知力:1 特技:防柵
計略:身代わり 必要士気:3
効果:撤退中の味方を一部隊復活させる。使用すると自身は撤退する。2部隊以上の部隊が撤退していた場合はランダムで選択される。復活した部隊は自城内に出現する。 

 R許チョと対になった絵柄が特徴のレアバージョン。
 能力的にはR許チョとなんら代わりがないので強い事は強いのですが、いかんせん計略の使い勝手の面でかなりの差を付けられてしまっている面があります。Ver.アップによる効果向上もあり、使い所さえ間違わなければ身代わりも悪くないとは思いますが……計略誤爆で撤退すると目も当てられない辺りが難点でしょうか。

○典偉(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:槍兵 コスト:2
武力:8 知力:1 特技:勇猛
計略:漢の意地 必要士気:4
効果:自身の武力を+10する。効果が切れると同時に撤退する。

 コスト面の問題もあり、レアバージョンよりも使われる事の多いアンコモンバージョン。
 流石に槍兵がメインの蜀のUC張飛と比べるとややスペックは劣りますが、それでも武力8槍兵は貴重。手動車輪すると一騎打ちが発生しやすいのでそういう面でも勇猛が役立ちます。
 彼もUC高武力の多分に漏れず低知力なので高知力武将による伏兵踏み等のサポートは忘れないように。

 それでは今日は此処まで。次回は文聘、卞皇后、ホウ徳の3枚をチェックしたいと思います。
posted by ろっく at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

カード考察第十二回。

 今日は、今日もカード考察の時間がやって参りました。
 今日第十二回分の考察対象は張遼、陳宮、陳羣の三人です。

○張遼
レアリティ:スーパーレア 兵種:騎兵 コスト:2.5
武力:9 知力:7 特技:なし
計略:神速の大号令 必要士気:7
効果:範囲内の味方の騎兵の武力を+3し、移動速度を上げる。

 ご存知神速デッキのキーカードとなる一枚。それでなくとも2.5コストでこの能力値は秀逸の一言。
 計略の神速の大号令は複数の騎兵が神速状態になる為操作が非常に難しくなりますが、その潜在能力は計り知れません。連続突撃の効率が飛躍的に向上するので、槍兵による迎撃さえ何とかすれば怖いものは何もない……か?

○陳宮
レアリティ:コモン 兵種:騎兵 コスト:1
武力:1 知力:7 特技:なし
計略:水計 必要士気:7
効果:範囲内に居る敵に知力差のダメージを与える。

 魏のダメージ計略使いの一人。とはいえあまり見かけることはありませんが……。
 水計はUC荀攸の大水計に比べて威力、範囲共に劣る為どうせダメージ計略取るなら大水計、という風になってしまう事が多いです。魏のコスト1枠には使い勝手の良い計略持ちが他にも沢山居るのも敬遠される要因の一つか。彼が蜀軍か他軍に居たならもう少し重宝されていたとは思うのですが……。

○陳羣
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:2 知力:7 特技:なし
計略:雲散の計 必要士気:3
効果:範囲内の敵部隊にかかっている敵の計略による効果を消す。

 最近悲哀デッキの流行と共に使用率が増えたように思われる一枚。
 雲散の計はUC司馬懿やSR張春華のそれらと比べて必要士気の軽さの部分で勝ります。それ故大型計略を使う必要のあるデッキや士気上限の低くなる複数色デッキに向いているといえます。
 欠点としては他の2枚と違い強化計略が使用されなかった時にはコスト1が無駄になりがちな所でしょうか。それでも教え天啓や麻痺矢、神速デッキ等の号令系デッキがかなり存在する事を考えればまるっきり無駄になる事もそう多くはないのでしょうが。

 さて次回は程イクと二枚の典偉について考察したいと思います。
posted by ろっく at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

カード考察第十一回。

 お早う御座います、犬の散歩に出かけたら于吉に降雨喰らったろっくです。
……しかも家に着いた途端止むんだもんなぁorz


 気を取り直しまして。
 それでは第十一回目の考察は曹丕、張コウ、張春華の三人。

○曹丕
レアリティ:コモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:4 知力:7 特技:魅力
計略:指揮 必要士気:5
効果:範囲内の味方の武力を+3する。

 同コスト枠に優秀な武将に大量に居るため、あまり省みられる事のない魏の二代目君主。
 指揮は後方指揮と違って重ね掛けが出来ない部分で使い勝手が劣りますし、自身の武力もあまり高くないのが問題。武力が5なら選択肢の一つとして数えられていたかもしれませんが……。コモンカード限定戦なら一考の価値有りか?

○張コウ
レアリティ:アンコモン 兵種:攻城兵 コスト:2
武力:7 知力:5 特技:なし
計略:魏武の強 必要士気:4
効果:自身の武力が長時間+3される。

 魏唯一の攻城兵。攻城兵の中では恐らく一番バランスが取れた能力値を持っています。
 魏にはR荀イク等の反計やUC蔡文姫とC甄皇后の飛天の舞い等攻城兵の運用を助けるカードに恵まれている感じではあります。ただ2コストという面をどう見るかが問題。
 呉や蜀の1.5枠攻城兵なら浮いた0.5コストで他の武将をもっと良いものに出来るので、攻城兵自身に耐久力を期待するなら彼か呉のSR甘寧、そうでなければ攻城兵は1.5枠のものにして別のメンバーで徹底的にガードする方向になるでしょうか。
 何にせよ攻城兵は運用がかなり難しいので、ゲームに慣れるまでは使わない方が良いかもしれません。

○張春華
レアリティ:スーパーレア 兵種:弓兵 コスト:1
武力:1 知力:7 特技:魅力
計略:雲散消沈の計 必要士気:6
効果:範囲内の敵部隊にかかっている敵の計略による効果を消して、更に移動速度を下げる。

 夫と同じく雲散系計略を扱う司馬懿の奥さん。
 基本性能や計略の使い勝手は同じ雲散系計略使いの陳羣にやや劣りますが、それでも移動速度低下の追加効果は侮れません。劣化版連環の計として運用出来るとも考えれば……。
 惜しむらくはその必要士気の高さか。まあ複合型計略なのでその辺は仕方ないのでしょうが。


 さて次回は張遼、陳宮、陳羣の三人を考察します。
posted by ろっく at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

カード考察第十回。

 まずは報告。中藤えるさんの「三国志大戦リンク集」に登録させて頂きました。イラストサイトから攻略、考察など様々なサイトが登録されていますので興味のある方はどうぞ。


 さてとうとう二桁到達の考察十回目。今日は曹仁とR、SR曹操についてです。

○曹仁
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:6 知力:4 特技:なし
計略:神速戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+3し、移動速度を上げる。

 魏の1.5コスト枠では最高の武力を持つカードです。
 また計略の神速戦法は攻撃、防御どちらの場面でも役に立つ事請け合いです。デッキの総武力が低めの場合は彼の投入もありだと考えます。

○曹操(SR)
レアリティ:スーパーレア 兵種:騎兵 コスト:3
武力:6 知力:4 特技:伏兵、復活、魅力
計略:覇者の求心 必要士気:6
効果:範囲内の魏の味方の武力を+5。

 Ver.1.002環境下で猛威を振るった「覇王デッキ」の中核となったパワーカード。
 現行Ver.では覇者の求心の効果時間に若干の修正が加えられたようですが、それでも十分な力を持っています。特技3つは彼だけの特権。
 ほぼ唯一の弱点は、伏兵持ちの為に踏まれないとその実力を生かせない事。コスト3が居ないというのはかなり苦しいので、確実に相手に踏ませる自信が無いのであれば最悪城内開幕というのも有りかもしれません。

○曹操(R)
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:2
武力:7 知力:9 特技:魅力
計略:特攻の大号令 必要士気:7
効果:範囲内の味方の武力が+2され城攻撃力も上がるが、効果時間中は強制的に前進する。

 基本能力だけなら全ての2コスト枠武将最高のスペックを持つカード。流石は乱世の奸雄といった所でしょうか。
 計略こそイマイチですが高い知力のお陰で伏兵やダメージ計略に対しての耐性は非常に高いです。これで特技に勇猛でもあれば言う事無しだったのですが……。
 ちなみに攻城兵の城門攻撃+特攻の大号令を使うと一撃で城が落ちるそうです。浪漫。

 次回は曹丕、張コウ、張春華の三人の考察です。
posted by ろっく at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

カード考察第九回。

 この記事以前のカード考察を一部修正しました。やっぱり眠い頭で描いたのを後から見ると荒が目立つもので……。

 さて、九回目の考察は曹一門の曹洪、曹彰、曹植です。

○曹洪
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:5 知力:3 特技:なし
計略:特攻戦法 必要士気:4
効果:武力が+2され城攻撃力も上がるが、効果時間中は強制的に前進する。

 あまり使われているのを見かける事が少ないカード。
 まあ確かに能力は平凡、特技無しで計略もやや扱い辛いとなればR郭嘉やUC司馬懿、UC曹仁辺りを使う方が多いでしょう。UC于禁などと同じく、資産が無い時に間に合わせで使う程度でしょう。


○曹彰
レアリティ:コモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:5 知力:2 特技:勇猛
計略:神速戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+3し、移動速度を上げる。

 武力と知力こそUC曹仁に劣りますが、勇猛持ちである事を考えると中々侮れないカード。
 魏、呉のスターターで始めた方は暫くお世話になった事と思います。ただやっぱり他の1.5枠の優秀なカードが手に入ると2軍行きになる事が多いのですが……。

○曹植
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:1 知力:6 特技:防柵、魅力
計略:浄化の計 必要士気:2
効果:範囲内の味方に掛かっている敵軍の計略の効果を打ち消す。

 現行では妨害計略の効果を打ち消す「浄化の計」の唯一無二の使い手。特殊能力も2つ所有。
 デッキの構造上弓兵中心で挑発に弱い麻痺矢デッキや知力低下が致命傷となりうる悲哀デッキ等に組み込まれているのを見かけます。必要士気が2と低いので2色デッキでも扱いやすい面も評価の対象でしょうか。

 次回は曹仁と魏の君主である2つの曹操を考察します。
posted by ろっく at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

カード考察第八回。

 今日も同僚に(ry  いや本当に困ったもんだ……自分今の部署からもうすぐ抜けるんですが、あんな調子で抜けた後大丈夫なんだろうかと今から心配です……本当に( ;´ー`)

 それでは今日も今日とてカード考察。本日は徐晃と甄皇后です。

○徐晃
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:2
武力:7 知力:3 特技:復活
計略:神速戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+3し、移動速度を上げる。

 復活能力が特徴の魏2コスト騎兵団の一人。
 復活までに掛かるカウントが早いので他の武将より先に前に出て、壁突撃用の肉壁となったりする使い方がメインになるでしょうか。まあ撤退させなくて大丈夫ならそれに越した事は無いのですが。

○甄皇后(SR)
レアリティ:スーパーレア 兵種:騎兵 コスト:1
武力:2 知力:7 特技:魅力
計略:悲哀の舞い 必要士気:6
効果:自身が撤退するまで味方が撤退するたび、味方の武力が一定時間+2。

 最近流行中の悲哀デッキのキーカード。
 悲哀の舞いは味方が撤退するたびに他の味方が強化されます。この効果に回転率の高い復活持ちの他軍勢等の低コストカードを大量に組み込んだのが悲哀デッキです。一度発動した後に解除するのがかなり難しい(勿論、甄皇后を守るプレイングスキルも必要ですが。)為、覇王クラスから初心者狩りまで何処でも見かける非常に有力なデッキとなっています。知力が高いため、他の舞い手と違いSR周瑜の最後の業火ですら一撃で落とせない辺りもいやらしい所。

○甄皇后(C)
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1.5
武力:3 知力:7 特技:防柵、魅力
計略:飛天の舞い 必要士気:5
効果:自身が撤退するまでの間、味方の移動速度が上がる。

 SRと違いあまり使われないコモンバージョン。
 1.5コストで特技2つはそれなりに評価出来ますが、計略の飛天の舞いは出来ればUC蔡文姫に躍らせたい所。W飛天の舞いを扱うなら使われる事もあるかもしれません。
 彼女もUC于禁と同じく、あまり出番には恵まれないでしょう。

 次回は曹洪、曹彰、曹植の三人です。
posted by ろっく at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カード考察第七回。

 今日も同僚にしてやられましたよ、と。 流石に連続で残業はきついってばさorz


 さてさて気を取り直してカード考察に参りましょうか。 今日の面子はUC司馬懿と荀イク、荀攸です。

○司馬懿(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:3 知力:9 特技:伏兵
計略:雲散霧消の計 必要士気:6
効果:範囲内の敵部隊にかかっている敵の計略による効果を消して、さらに武力を−4する。

 魏の1.5枠の中でも有力なカードの一つです。
 計略の雲散霧消の計は相手の全体強化や超絶強化に対する強烈な抑止力となります。士気が十分に溜まっている状況でこれが睨みを聞かせていれば、相手はまず強化系計略の使用を躊躇う事でしょう。更に万が一強化系計略を持たない相手だったとしても、劣化弱体化の計として使用する事も可能なので無駄になりにくい面が評価出来ると思います。
 欠点があるとすれば必要士気6で連発が難しい面でしょうか。2色以上でデッキを組む場合に雲散系計略が欲しい場合は必要士気が3と安いC陳羣の雲散の計を使用する方が良いかもしれません。

○荀イク
レアリティ:レア 兵種:弓兵 コスト:1
武力:1 知力:9 特技:なし
計略:玄妙なる反計 必要士気:3
効果:敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。

 魏が誇る究極の守備カード。
 操作こそ難しいですが使いこなせばありとあらゆる計略から自軍を守ってくれます。ワラワラ天啓や麻痺矢等の単一計略に依存したデッキを相手にする時、彼が居るだけで非常に戦いやすくなるでしょう。
 操作が難しいのと若干必要士気が重いので、操作に慣れていない時や2色以上でデッキを組む際はUC程イクを選択するのも良いと思います。

○荀攸
レアリティ:アンコモン 兵種:弓兵 コスト:1.5
武力:3 知力:8 特技:防柵
計略:大水計 必要士気:7
効果:前方横長広範囲の範囲内に居る敵に知力差のダメージを与える。

 魏の代表的ダメージ計略使い。何気に防柵持ち弓兵なのも高評価。
 大水計の効果範囲は非常に広く、荀攸をセンターライン辺りに置けば左右ほぼ全部をカバー出来る程です。ダメージもかなり高く、ワラワラや脳筋気味のデッキに対してはかなりの脅威となるでしょう。

 次回は徐晃と二つの甄皇后を考察します。
posted by ろっく at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

カード考察第六回。

 それでは今日もカード考察に参ります。今日は蔡瑁、左慈、Rの司馬懿について。

○蔡瑁
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:3 知力:5 特技:なし
計略:連環の小計 必要士気:5
効果:範囲内の敵の移動速度を下げる。

 基本能力の武力3、知力5は1コストのキャラとしては結構優秀な方でしょうか。計略の連環の小計も悪くないとは思うのですが、いかんせん魏には彼より優秀な1コストキャラが沢山居るのが問題でしょうか、イマイチ使われません。Cカイ越辺りと同じく武力2で知力が6〜7であれば連環の小計の効果も伸び、もうちょっと評価も上がったのでしょうが……。

○左慈
レアリティ:レア 兵種:歩兵 コスト:1.5
武力:1 知力:8 特技:伏兵、復活
計略:変化の術 必要士気:4
効果:敵部隊の内、最も武力の高い武将と同じ武力になる。

 評価の難しいカードです。
 まず、基本能力は同コストの他のカードと比べると最低クラス。まあ特技2つ持っている所為かも知れませんが。そして計略は使い所が難しい。出来るだけ相手が強化された所で変身したい所ですが、相手も彼を見ていながら中々素直に変身してくれるとも思えません。
 ただ、超絶強化等を使い辛くさせる抑止力としてはかなり有力かもしれません。

○司馬懿(R)
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:2
武力:5 知力:9 特技:伏兵
計略:水計連破 必要士気:6
効果:範囲内の敵に知力判定によるダメージを与える。ダメージ量は水計連破を使う度に上昇する。

 現Ver.にて恩恵を受けた一人。
 水計連破は最初こそ威力が低いですが、連発する事によってどんどん威力が増して行きます。ただ回数をこなせない事にはどうにもならないのでR于吉等のサポートで連射させたい所ではあります。降雨中かつ3発目以降の連破はSR諸葛亮すら一撃で落とすとか。

 次回紹介はUC司馬懿と荀イク、荀攸の予定です。
posted by ろっく at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

カード考察第五回。

……寝過ごして更新一回サボってしまいました……orz

 さてさて気を取り直して、第五回の考察は許チョと蔡文姫。 

○許チョ(R)
レアリティ:レア 兵種:槍兵 コスト:2.5
武力:9 知力:1 特技:防柵
計略:挑発 必要士気:3
効果:範囲内の敵を自分の方に引き寄せる。

 「ちょおおりゃああ〜〜〜〜〜〜!」が特徴的なレアバージョン。
 知力こそ1と非常に低いですが、その他の面では非常に高性能。武力9での手動車輪は恐ろしい勢いで相手の兵力を削りますし、挑発も騎兵殺しに使うならば十分な効果時間。防柵も伏兵の接近の妨害、踊りや支援を行う武将を守る等に役立ちます。
 知力の低さゆえにダメージ計略や伏兵に弱いのですが、その面をカバーする為に反計持ちと共に組まれる事が多いです。R荀イクと共に組んだ「許チョデッキ」は上品位でも良く見られる組み合わせ。

○許チョ(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:弓兵 コスト:2
武力:8 知力:1 特技:無し
計略:奮起戦法 必要士気:5
効果:自身の武力を+3し、兵力を若干回復させる。

 魏唯一の武力8弓兵であるアンコモンバージョン。
 魏単色で高武力の弓兵を入れる時にはこいつかR夏侯淵を入れる事になります。まあ資産があるならR夏侯淵入れる場合が多そうですが、UC夏侯淵入れてあるだとか、武力1を優先したいというならこっちの選択も有りかもしれません。魏他2色で弓兵入れる場合もこっちか。

○蔡文姫
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:1
武力:1 知力:6 特技:魅力
計略:飛天の舞い 必要士気:5
効果:自身が撤退するまでの間、味方の移動速度が上がる。

 舞いタイプの計略を持つ女性武将の一人。
 飛天の舞いは中々面白い計略で、味方全部将の移動速度が一段階上がります。普通の使い方としては騎馬と組み合わせて常時擬似神速状態にするとか、攻城兵等の移動サポートとして使う辺りでしょうか。
 変わった使い方としてはC甄皇后と一緒にW飛天の舞いやUC公孫サンの白馬陣、兵法の速軍の法と組み合わせて超神速状態を作り出す事が出来ます。 これをやると槍兵で騎兵を追いかけて後ろから迎撃とか、槍兵なのに相手の槍兵からカウンター喰らう等といった奇妙な出来事が起こるとか。機会があれば一度お試しあれ。

という所で今日は終了。 次回は蔡瑁、左慈、R司馬懿を……なんか癖のある面子だなあ。(笑)


コメントお返事。

 アクセス解析されてたとは……不覚ッ!(ぇ)
 ええと、相互リンク感謝ですー。自分も5品辺りで留まってる奴が書いてる内容なのであまり参考になるかどうか判りませんが、頑張って考察して行きますのでこちらこそ宜しくです。

 荀イク様は上手い人が使うと本当に何もさせて貰えないですねー。今日も計略完封されて負けた試合がありましたし(´・ω・`)
posted by ろっく at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

カード考察第四回。

カード考察第四回は夏侯惇と牛金です。

○夏侯惇(R)
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:2
武力:7 知力:7 特技:勇猛、魅力
計略:隻眼の睨み 必要士気:5
効果:自身を中心とした範囲内の敵軍の武力を−4。

 ご存知魏の2コスト騎兵のトップエース。武力、知力共にバランス良く高い上勇猛、魅力持ち。更に計略も強力と非の打ち所がありません。同じ2コストのSRホウ徳は武力こそ高いものの知力が若干低く、計略も使い所を選ぶのでどちらを取るかはデッキ内の他の武将次第でしょう。

○夏侯惇(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:2.5
武力:8 知力:6 特技:なし
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4。

 スターターパック魏Ver.にも封入されているカード。それゆえかカード使用率は常に高かったりします。
 基本能力は高めですが、やはり2.5コストという重さが気になります。計略も普通の強化戦法ですしね……。始めたばかりの頃は仕方ありませんが、早めにUC夏侯淵辺りと入れ替えたい所。

○牛金
レアリティ:コモン 兵種:騎兵 コスト:1
武力:3 知力:1 特技:勇猛
計略:奮起戦法 必要士気:5
効果:自身の武力を+3し、兵力を若干回復させる。

 カードイラストが特徴的。つーかストレート過ぎでしょう。(笑)
 能力的にはR楽進の下位互換といった感じが否めません。いえ、こいつ自身も勇猛持ちなので悪いカードではないのですが、いかんせん楽進のパフォーマンスの良さと比べると……。
 唯一楽進に勝る部分は兵力を回復出来る計略を持っている面か。しかしこいつに奮起使わせるなら別の計略使うんだろうなあ……。


という辺りで今日の所はお終い。次回は許チョ2種類と蔡文姫を考察してみます。
posted by ろっく at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

カード考察第三回。

第三回は楽進と二種類の夏侯淵。どれも使い勝手が良いですよ?

○楽進
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:1
武力:4 知力:3 特技:勇猛
計略:強化戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+4する。

 コスト1にして武力4&勇猛を誇る極めて優秀な騎兵。
 勇猛持ちなので一騎打ち発生時に大物食いが期待出来る面も頼もしい。
 とりあえず魏勢力を含むデッキなら、何も考えずに入れても強いです。

○夏侯淵(R)
レアリティ:レア 兵種:弓兵 コスト:2
武力:7 知力:4 特技:勇猛、魅力
計略:首都よりの援軍 必要士気:5
効果:範囲内の魏の味方武将の兵力を回復する。

 レアバージョンの夏侯淵。知力こそやや低めですがそれ以外の面では特に問題はないでしょう。
 計略の首都よりの援軍は魏の味方武将の兵力を約5割回復させます。ちゃっかり自身もその範囲に含まれているのもポイントか。
 Ver.UPで弓が強くなったので彼を目にする機会も多くなってくるかもしれません。

○夏侯淵(UC)
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:2
武力:8 知力:3 特技:無し
計略:神速戦法 必要士気:4
効果:自身の武力を+3し、移動速度を上げる。

 こちらはアンコモンバージョンで騎兵。こちらも癖がなく武力8と扱いやすい。
 弱点は知力の低さですが……UC以下の武闘派に共通する弱点なのでその辺はプレイングでカバーするしかないのでしょう。UC以下限定戦等ではUC張飛と並んでほぼ確実に彼の姿を見る事になるのではないのでしょうか。


 という所で今日は此処まで。明日は夏侯惇二種類と牛金について触れてみます。
posted by ろっく at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

カード考察第二回。

さてさて、第二回考察は賈ク、郭嘉、郭皇后の三名。

○賈ク
レアリティ:スーパーレア 兵種:騎兵 コスト:1
武力:1 知力:9 特技:伏兵
計略:離間の計 必要指揮:6
効果:範囲内の敵の武力と知力と移動速度を下げる。

 超強力妨害計略「離間の計」を振るう魏1コスト枠のエース的存在。Ver.1.002環境下では猛威を振るったカードです。
 Ver.UPで若干弱体化したとはいえ、離間の計の効果は相変わらず凶悪。使い所を見極めて相手の主力武将を無力化すれば形勢は一気に自分の方に傾くでしょう。また武力は1と低いですが、騎兵なので突撃でその面はある程度カバー出来るでしょう。知力9の伏兵もかなり強力。
 魏軍・騎兵という事でSR曹操、SR張遼等とも相性が良いのがポイント。

○郭嘉
レアリティ:レア 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:4 知力:9 特技:伏兵
計略:後方指揮 必要指揮:4
効果:範囲内の味方武将の武力を+3する。

 魏の1.5コスト枠の中でもかなり使いやすいカードの一枚。
 中々の基本性能に加え、計略の後方指揮は重ね掛けが可能で戦況を一変させる可能性を秘めています。同じ計略を持つ蜀のUC法正に比べると騎馬であり移動速度が早いため、後方士気のターゲッティングがし易い面でやや有利だと思われます。計略を打たずとも、連続突撃を繰り返せばかなりのダメージを生み出すことが出来るのも評価出来る所です。

○郭皇后
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:2 知力:7 特技:魅力
計略:弱体化の小計 必要指揮:4
効果:範囲内の敵軍の武力を−4する。

 前回紹介したカイ越とほぼ同じ能力を持った武将です。違いは特技と計略。
 計略の弱体化の小計はカイ越の弱体化の計と比べて範囲が狭くなっていますが、その分必要士気が押さえられています。その為連続使用や重ね掛けに向いていると言えるでしょうか。
 ……どうでも良いですが絵が怖いよ((( ;゚Д゚)))


 次回は楽進とR、UC夏侯淵の紹介です。
posted by ろっく at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

カード考察第一回。

 さて、孫子の兵法書にも「敵を知り、己を知らば百戦危うからず」とある通り(合ってるよな……?)、カードの性能を把握する事はプレイしていく中でとても重要です。そこで今日から三国志大戦で扱われる武将カードを考察していきたいと思います。とりあえず目標は1日3名。……続けば良いな(ぉ)

 考察の順番は武将カードに記載されている通しNo.順に行っていきます。
 第一回の今日は魏の武将から于禁、王異、カイ越です。なお、考察の内容は個人的主観によって行われていますので、明らかに違うと思われる点に関してはコメント等で教えて頂けるとありがたいと思います。

○于禁
レアリティ:アンコモン 兵種:騎兵 コスト:1.5
武力:5 知力:6 特技:伏兵
計略:魏武の強 必要士気:4 効果:自身の武力が長時間+3される。

 能力的にはそこそこで伏兵持ち。悪くはないんですが一般的な評価は微妙。
 魏は1.5コスト枠の騎兵に優秀なR郭嘉、UC司馬懿やUC曹仁が居る為、于禁は資産の無い序盤に扱われる位でしょうか。伏兵も知力がそう高くないので微妙。ちなみに知力6の伏兵は通常の状態では兵力全快状態の知力1の相手を何とか撤退させられる程度だそうです。計略も地味ですしね……。

○王異
レアリティ:スーパーレア 兵種:弓兵 コスト:1.5
武力:4 知力:8 特技:防柵、魅力
計略:鼓舞の舞い 必要士気:4
効果:自身が撤退するまで士気の上昇量が上がる。

 現在トレードレートの頂点を独走中の彼女です。そこそこの武力と高い知力に2つの特技、更に効果の高い計略と、性能自体は高いです。但し計略が曲者。
 舞いタイプの計略は一度発動させると撤退するまでその武将を動かせなくなってしまいます。勿論弓も撃てないので彼女が踊っている間は残りの6.5コスト分の武力で戦わねばなりません。それが最大の問題。戦況がこちらが押し気味の状態の時に一気に押し切る為に使うようにする位でしょうか……?
 個人的には鼓舞の舞いを使いたいのであれば彼女よりも軽いUC卞皇后を使う事をお勧めします。

○カイ越
レアリティ:コモン 兵種:弓兵 コスト:1
武力:2 知力:7 特技:伏兵
計略:弱体化の計 必要士気:5
効果:範囲内の敵軍の武力を−4する。

 魏の1コスト枠の中でも中々に優秀な一人。 
 Ver.アップによって以前より広がった弱体化の計の効果範囲には、上手くすれば固まってきた敵軍を全て巻き込む事も可能です。中品位辺りでもたまに見かけるような気が。
 武力2の弓もじわじわと相手を削る事が可能です。

と、今日はこんな所で。次回は賈ク、郭嘉、郭皇后の3人です。
posted by ろっく at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。